障害年金制度ポータルサイト。請求手続きの流れ、障害年金対象者とは?社会保険労務士などの障害年金請求の専門家紹介も行っています。

障害年金ドットコム 障害年金ドットコム
障害年金は請求しなければもらえません!
障害年金ドットコム > みんなの受給体験談 > 統合失調症で精神科に入院。精神保健福祉士に相談。

統合失調症で精神科に入院。精神保健福祉士に相談。

【障害年金受給体験談NO.16】

1.受給期間

2014年10月~2015年11月。

2.受給額

二ヶ月分で13万円。

3.内容(どのような病状で、どのような受給が認められたか)

私は統合失調症で、精神科に入院歴があります。2013年4月3日に初めて入院し、その時に統合失調症と診断されました。

その後3回ほど入退院を繰り返しましたが、以前は聞こえていなかったライオンの声や、悪口が聞こえるようになり、常に聞こえるようになりました。

その声が聞こえるようになってから人との付き合いが非常に苦手となりました。また、眠りが非常に浅くなり、体調を崩すようになりました。

また、気分の変動も発病する前と比べて、かなり激しくなりかなり辛かったです。うつのように体が動かなくなる時もあります。

主治医にこれらの症状を伝えると、声に関してはジプレキサ、気分の変動に関してはリーマスが処方されました。

うつの症状に対してはパロキセチンが処方され、眠りにつきやすくなるためにベンザリンが処方されました。

病院の精神保健福祉士から障害年金が支給できる可能性がある事を伝えられ、障害年金の申請を行う事を決めました。

初診日には父親の自営業を手伝っていた私は、国民健康保険を両親が支払っていた事もあり、以上の症状で障害基礎年金の2級が認められました。

支給額は2ヶ月分で約13万円支給されるようになり、嬉しかったです。

4.自分で手続きをしたのか?社会保険労務士を利用したのか?

社会保険労務士にお願いしようかと考えましたが、依頼するお金もないのでどうしたらいいか迷った私は社会保険労務士ではなく、紹介された精神保健福祉士に「社会保険労務士に申請をお願いしたいけど、お金がないのでどうしたらいいのでしょうか。」と相談しました。

そしたら、「自分でも手続きできますが、就労状況等申立書の作成が難しいので一緒に行いましょう。」と言われました。

精神保健福祉士から発病時からの就労状況や生活状況について詳しい聞き取りをうけました。

精神保健福祉士に就労状況等申立書を鉛筆書きで作成してもらい、一緒に確認しました。私はこれでよいと思ったのですが、精神保健福祉士から「医師に確認しましょう。」との申出があり、医師にも確認しました。

医師の方から細かい修正があり、これで就労状況等申立書は完成しました。次に対人関係が苦手となっている私のために、精神保健福祉士が市役所に行って所得証明書や住民票を取得してくれました。

最後に市役所の年金課に書類を提出しなけれざならなかったのですが、そこも精神保健福祉士に代行してもらいました。

社会保険労務士ではなく、精神保健福祉士にお願いしましたが、無事に申請できて良かったです。

【これらの記事も読まれています】

障害年金ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2020 障害年金ドットコム All rights reserved.