障害年金制度ポータルサイト。請求手続きの流れ、障害年金対象者とは?社会保険労務士などの障害年金請求の専門家紹介も行っています。

障害年金ドットコム 障害年金ドットコム
障害年金は請求しなければもらえません!
障害年金ドットコム > みんなの受給体験談 > 受給申請は様々な施設を回ることになりますので、体力面でかなり苦労しました。

受給申請は様々な施設を回ることになりますので、体力面でかなり苦労しました。

【障害年金受給体験談NO.23】

1.受給期間

2013年10月~2015年12月。

2.受給額

月額 65,000円。

3.内容(どのような病状で、どのような受給が認められたか)

私は生まれた時から何かハンデがあったわけではなく、新卒で就職した会社でハードな仕事が続いたせいか、偏頭痛や吐き気等の体調不良が多くなり、病院で受診した結果、うつ病と診断された事がきっかけで障害と判断されました。

会社を退職し、何社か転職を繰り返しましたが、いずれもフルタイムで働くことが難しく、結果的に生活は苦しくなる一方でした。

このままでは生活もままならないと困り果てた際、相談センターで相談に載って頂けると聞き、相談センターに相談した事が受給に至ったきっかけです。

受給が認められるにあたって、「年金加入要件」「保険料納付要件」「障害状態要件」の3つの要件を満たす必要がありました。

私の場合は調べた結果、要件を満たしておりましたので受給が認められました。

当初は働ける健康状態であれば、こういった制度は利用できないと考えておりましたが、相談した結果受給できることがわかり、なんとかうつ病という病状であっても生活できるようになりました。

まだ長時間働いていると症状が出てしまいますが、幸い理解のある職場に転職できましたので、自分の出来る仕事を行いつつ、社会全体に貢献出来ているのではと感じています。

4.自分で手続きをしたのか?社会保険労務士を利用したのか?

私は相談センターを通して自分で手続きを行いました。

社会保険労務士の方を通した手続きも話としてはあがりましたが、自分の事ですし、自分で手続をしたいという気持ちもありましたので、お断りさせて頂きました。

結果として、制度について勉強する良いきっかけになりましたし、自分の病状も鑑みて役所に適切な言葉で申し込みできたことも、良かった点だと考えております。

ただし、様々な施設を回ることになりますので、体力面でかなり苦労しました。

また知識もない状態ですので、考えなければならない事がたくさんあった点も非常に苦労しました。

自分で手続きを行うことが困難な状態であったり、時間が取れない方も多いと思います。

そういった場合は、信頼できる社会保険労務士の方を相談センター等で相談の上、依頼されると良いかと思います。

プロの方ですので、経験豊富かつ法律・制度に関する知識もお持ちです。

私は利用をお断りしましたが、親身になって相談にのって頂ける社会保険労務士の方にお手伝い頂ければ楽だった部分も多かったと感じました。

申請にあたってはスムーズかつスピーディーな対応を行えれば受給開始もはやまりますし、また受給にあたって不足している要件も指摘頂けます。

検討してみては如何でしょうか。

【これらの記事も読まれています】

障害年金ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2020 障害年金ドットコム All rights reserved.