障害年金制度ポータルサイト。請求手続きの流れ、障害年金対象者とは?社会保険労務士などの障害年金請求の専門家紹介も行っています。

障害年金ドットコム 障害年金ドットコム
障害年金は請求しなければもらえません!
障害年金ドットコム > みんなの受給体験談 > 乳児期にヘルペス脳炎、癲癇症発病。

乳児期にヘルペス脳炎、癲癇症発病。

【障害年金受給体験談NO.27】

1.受給期間

2013年10月~。

2.受給額

年間786,500円。

3.内容(どのような病状で、どのような受給が認められたか)

私の運命の分かれ道は生後半月頃に引いた風邪でした。

ある休日の夜にどうにもならない状態になり、その日の当番医に駆け込みました。

その日の担当医が小児科の先生であり、私は助かりました。当番医が違う科であったら運命は変わっていたでしょう。

病院に到着した時には、ヘルペス脳炎が発症しており何倍にも腫れ上がっていましたが、「一命は取り留めたけれども、後遺症は残るよ。」と両親は言われていたそうです。

私は安静になるまで酸素テントの中での生活でした。

いつ意識を取り戻すかも分からない状態であったので絶望的でしたが、驚異的な回復力で、半月で意識は戻り、その後1ヶ月で無事退院する事もできました。

保育園入園までは後遺症も見られず元気でしたが、嵐は突然やってきました。

保育園にもなれ始めてきた6月頃、先生の呼びかけにも全く受け答えれなかったり、様子がおかしいと保育士さんから連絡がありました。

そこで、病院で検査をすると脳波の波形に癲癇波が見られ、薬の投薬と定期検査が必要となりました。

小学校4年生の頃、脳波の波形には乱れは無くなり、一時投薬治療を終了しましたが、翌年異常が起り、投薬療法を再開して様子を見ていく事になるも、なかなかよくなりませんでした。

今現在も、数ヶ月起っていなくても、体調不良時や季節の変わり目には連続3回など発作は起っており、いつ何が起るか分かりません。

障害年金2級を2013年10月から頂いています。

4.自分で手続きをしたのか?社会保険労務士を利用したのか?

手続きは社会労務士や市役所の年金課の方のアドバイスを頂きながら、自ら申請しました。

6ヶ月の頃から27才の頃までの病歴を書くので、思い出すのに大変苦労しました。

【これらの記事も読まれています】

障害年金ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2020 障害年金ドットコム All rights reserved.