障害年金制度ポータルサイト。請求手続きの流れ、障害年金対象者とは?社会保険労務士などの障害年金請求の専門家紹介も行っています。

障害年金ドットコム 障害年金ドットコム
障害年金は請求しなければもらえません!
障害年金ドットコム > みんなの受給体験談 > 心疾患でペースメーカー装着。扶養家族が居たので障害年金1級になりました。

心疾患でペースメーカー装着。扶養家族が居たので障害年金1級になりました。

【障害年金受給体験談NO.33】

1.受給期間

2014年3月~

2.受給額

心臓病になってしまったということと、養育費の関係上から障害者年金一級を受給が認められました。

心臓のペースメーカーをつけていたということが受給を認められるきっかけになったのですが、額としては985,100円を受給することができました。

それを十二分割して月額で約十万円程度受給することが可能でした。

子供がいたということもあって、その人数に応じて額が変動するタイプの障害年金でしたので、養育費に関しても払うことができましたし、私自身の入院費や治療費に関しても支払うことができましたから、安心することができました。

受給が認められるまでも特に時間はかかりませんでしたが、やはり認められるまでは不安なもので待っている間の一週間は本当にドキドキしていたことを覚えています。

3.内容(どのような病状で、どのような受給が認められたか)

障害年金を知ったきっかけは、治療費を支払えなくなってしまったことでした。

仕事も辞職してしまい、貯金と退職金から補っていたものの、圧倒的な治療費の高さに驚いてしまいました。

そこで、様々な制度を見ていたところ障害年金制度を見つけたのです。

障害年金を受給することができる人の条件には、「ペースメーカーを付けている人」とありましたので、私も申請してみることにしたのです。

最初は、二級を受給しようかと思っていたのですが、子供がいることと心臓病が深刻化していることをよく吟味してみて、一級が適していることがわかったので、申請してみることにしたのです。

申請には特に時間はかからずにスムーズに行けたので、安心しました。

4.自分で手続きをしたのか?社会保険労務士を利用したのか?

障害年金の手続きは、社会保険労務士の人に任せることにしました。というのも、心臓病がかなり深刻であり、闘病中はどうしても外出できず、手続きができなかったからです。

ネットでの手続きも可能でしたが、どのみち公的機関に出向いて手続きをしなければなりませんでしたし、専門知識も何もない状況だったということもあって、任せたわけです。

社会保険労務士の人に任せてみると、かなりスムーズに手続きを行ってもらえましたし、私の条件に合わせてどちらの障害年金を受給することができるのかということを丁寧に説明してくれたということもあってかなり安心しました。

受給までにかかった期間は、わずか二週間とかなり早めに受給することができたので、私としてもかなり助かりました。

【これらの記事も読まれています】

障害年金ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2020 障害年金ドットコム All rights reserved.